脂質異常症の原因について

脂質異常症の原因について

脂質異常症の原因の多くは食事が原因です。特に動物性脂肪が多い肉類や乳製品、魚の卵やレバー、鶏の卵などは悪玉コレステロールを増やしてしまいます。血液中のコレステロールや中性脂肪が多いと、動脈硬化が進行しさまざまな生活習慣病を引き起こす原因になります。また甘いものの食べすぎやカロリーの高いジュースは、肥満の原因になるほか、血中のコレステロールを増加させます。さらに脂質異常症を招く原因として、お酒の飲み過ぎやたばこの吸い過ぎなどもあげられます。加えて、不規則な生活習慣は、脂質異常症だけでなく、あらゆる生活習慣病の元凶となるため注意が必要になります。またストレスも血中のコレステロールを増加させてしまいます。脂質異常症にならないためには食事に気を付け、適度な運動を心がけることが大事です。また遺伝的な脂質異常症を持つ人もいます。家族に脂質異常症の人がいると、体質的に悪玉コレステロールがたまりやすくなります。身内に疾患がいる家計の人は、若いうちから発症しやすく動脈硬化が進行しやすいので、医師の診察をこまめに受けることが必要です。もし脂質異常症を指摘されたら、食事や運動のほか、医師による治療が必要となります。