脂質異常症とLDL(悪玉)コレステロールを下げるサプリメントなどいろいろな方法を紹介

脂質異常症とLDL(悪玉)コレステロールを下げるサプリメントなどいろいろな方法を紹介

脂質異常症の本当の怖さとは

生活習慣病の一つでもある、脂質異常症。その患者数は200万人以上にものぼります。特に女性に多い病気です。
脂質異常症は、血中のコレステロールや、トリグリセリドが正常よりも多い状態にあることを言います。その結果、血管にどんどん蓄積し、動脈硬化、狭心症、心筋梗塞などを引き起こす原因となります。脂質異常症にり患している患者は、健常者と比べ、心筋梗塞、狭心症になる確率は2.8倍以上であるというデータもあります。
コレステロールには、LDL(悪玉)コレステロールと、HDL(善玉)コレステロールがあります。血液中にLDLコレステロールが必要以上に増えてしまうことにより、血管が狭くなったり、つまったりして動脈硬化が進行します。トリグリセリドも、この手助けをする脂肪です。
自覚症状はほとんどなく、健康診断などで初めて発覚する事が多いです。自覚症状が薄いため、発覚後もそのままに放置してしまう方が多いようです。
近所への買い物も、車で済ませてしまったりしていませんか。お酒の飲みすぎや、甘いもの、脂っこいものは食べすぎていませんか。毎日の適度な運動、バランスの摂れた食事で、必ず改善する病気です。この機会に、生活習慣を見直してみてください。

脂質異常症とコレステロールについて

血液中の脂質であるコレステロールや中性脂肪が必要量以上に増えてしまい、血管の壁にコレステロールが溜まって血管の内腔が狭くなる病気が脂質異常症です。

 

脂質異常症の主な原因は過食や運動不足などの肥満、ストレスや過労に喫煙、睡眠不足などの生活習慣です。
減らすには普段の生活を見直していくことが大切です。

 

脂質異常症は特別な自覚症状がないので治療が直ぐにでも必要と感じる人が少ないです。
健康診断で去年の結果と比べてみて、今年はコレステロール値が高いと出てもそのままにする人も少なくありません。

 

実はそのまま放置してしまうと動脈硬化を進行させて、脳や心臓に危険な疾患を引きおこすこともあります。
コレステロールは動脈硬化を進行させるLDL(悪玉)と、それを防ぐHDL(善玉)があります。

 

血液中にLDL(悪玉)が増えることで、血管の内腔が狭くなったり詰まったりして動脈硬化が進むので気になったときはLDL(悪玉)を減らす治療が必用となります

 

勤務先の健康診断やそれ以外でも普段からかかりつけの医師の診察をうけて、現在の血液の状態を知ることが大切です。
もし悪玉コレステロールが高いと出ても、早めの段階なら生活習慣を見直していけば善玉を増やしていくことも出来ます。

コレステロールと中性脂肪の数値と血管の関係

コレステロールと中性脂肪の数値が高くて悩んでいるという人は多いのではないでしょうか。その状態をそのまま放置しておくと高脂血症となり、動脈硬化のリスクファクターとなってしまいますので注意が必要です。動脈硬化が進行すれば心筋梗塞や脳梗塞などの重大な病を引き起こす原因となります。動脈硬化は血管がしなやかさを失って硬くなってしまったり狭くなってしまうことで血液の流れが悪くなってしまうという疾患です。コレステロールと中性脂肪の数値と血管は切っても切り離せない関係性であるということになります。早めにコレステロールと中性脂肪の数値を下げて健康な血管に導くことが大切です。そのためには、食生活の改善が必要になります。食生活において注意すべきこととしては、脂肪分を摂り過ぎないということです。それにプラスして、脂質の代謝を促進させる働きをするビタミンB群の摂取を心がけましょう。カツオ、マグロ、サバ、イワシ、サンマなどの青魚に豊富に含まれている多価不飽和脂肪酸のDHAとEPAにはコレステロールと中性脂肪の数値を下げる効果がありますので積極的に食べるようにしましょう。青魚が苦手な人や食べる機会がないという人にはDHAとEPAが配合されているサプリメントやドリンク剤の摂取がおすすめです。

話題のオメガ3脂肪酸のコレステロールとの深い関係

常温でも固まらず体内に摂取すると多くの健康効果を導くという、多価不飽和脂肪酸の1種にオメガ3脂肪酸があります。オメガ3脂肪酸はイワシやマグロ・サバなどの青魚のフィッシュオイルに含まれるDHAやEPAに、エゴマ油やアマニ油などに含まれるαリノレン酸などの種類があります。それぞれに体内に摂取することで健康や美容・ダイエットなどに様々な良い効能をもたらすことで知られています。特にオメガ3脂肪酸には様々な現代病や成人病の原因にもなると言われる、コレステロール値と深い関係があると定評があります。私たちの体内の血中のコレステロールは7割が肝臓で作られて、残りの3割程度が食事などから摂取したものになります。普段のライフスタイルでの乱れた食生活や過度の疲労やストレス・喫煙や飲酒などの習慣は悪玉コレステロールを増やして健康に大きな悪影響を与える原因になります。オメガ3脂肪酸を効率的に体内に摂取すると悪玉コレステロールを減少させるなどの効果があります。また血中の善玉コレステロールの数値を活性化することで、現代病の代表とも言える動脈硬化を予防するなどの効果にも期待が出来るようです。またオメガ3脂肪酸には体内の新陳代謝を向上させたり、中性脂肪の値を正常に整えるなどの作用もあります。そのため毎日の食生活に取り入れるだけで体の内側から健康で、脂肪の燃焼しやすい体質へと生まれ変われるなどの健康効果があります。

 

サプリメントを摂取したいという方はこちら⇒LDL(悪玉)コレステロールを下げるサプリ